記事一覧

それはある意味、ロレックスにおける時計づくりの最も純粋な表現だ。

ロレックス シードゥエラー Ref.1665 赤シード(シングルレッド) 特許出願中、バルブ付き

GMTやデイトナ、そしてサブマリーナーでさえなく、彼がシードゥエラーにここまで引かれる理由は何かと尋ねて、返ってきた答えはシンプルかつ納得できるものだった。 彼は何に対してであれ、極端なバージョンに魅力を感じると言うが(何年もの間、彼はクラシックカーレーサーでだった)、彼にとっては競技用、すなわち高性能グレードのツールであるシードゥエラーこそが、まさしくそれなのだ。デイトナは、脇で傍観する人々がつけるものだったと言い、GMTは(例外もあるが)ジェット機で飛び回る人々や勤務中のパイロットがつけるものだった。しかしシードゥエラーは、非常に明確な目的を持つ人々だけが身につけた。それはある意味、ロレックスにおける時計づくりの最も純粋な表現だ。妥協がまったくないからである。

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116518LN ロレックススーパーコピー

型番 116518LN
機械 自動巻き
材質名 イエローゴールド・セラミック
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー ブラック/シャンパン
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 40.0mm
機能 クロノグラフ
2017年のバーゼルワールドで発表されたオイスターフレックスブレスレット仕様の「コスモグラフデイトナ」。
オイスターフレックスブレスレットとはロレックスが開発し特許を取得したストラップで、中心部の超弾性フレキシブルメタルブレードを高性能エラストマーでコーティングしたもので堅牢性と柔軟性に優れています。
ムーブメントにはコラムホイール&垂直クラッチ式のキャリバー4130を搭載。
こちらも2015年に再定義された高精度クロノメーターで、ケーシング後の精度は-2~+2秒で調整されます。
オイスターフレックスブレスレットとモノブロックセラクロムタキメーターベゼルを合せることで、よりスポーティな印象となりました。


【関連記事】:http://minoru.top/

コメント一覧

引き続き人気 URL 2021年09月29日(水)16時10分 編集・削除

今季の本命カラー「ブラウン」をまとってキレイめスタイル更新|秋冬コート!