記事一覧

スヌーピーは240万円台に達している、スピードマスター3578.51

2018年頃から、限定モデルの値動きが目立っているオメガ。

通常、限定モデルは「あまり評価されない」という傾向がありますが、オメガの限定モデルは特に2018年以降、評価されている傾向があるのです。

その中でも、特に目立っているのが、この3578.51。これは、文字盤のインダイヤルにスヌーピーが描かれた限定モデルなのですが、2018年12月に100万円以上という水準に達しています。

ただ、その後はあまり目立った動きとなっておらず、2019年上半期には、他の人気モデルのように「派手に動く」ということがなかったといえます。

とはいえ、その後の2019年夏⇒2020年夏の断続的な下落トレンド時において、派手に下落するといったこともありませんでした。

そうしたことから、このスヌーピー3578.51は、2018年冬頃から2020年秋頃まで、100万円程度といった水準が続いていたとなるでしょう。

そんなスヌーピー3578.51ですが、2020年11月には久々に派手に動くという様子に変化。この際、約139万円という水準に達したのですが、これは「半年で約33万円の上昇」という値動きでした。

この頃から、スヌーピー3578.51の値動きが再び活発化したといえ、その後も3578.51は目立った上昇となっています。

今年2021年3月には、約157万円というボトム価格になったのですが、この際「ボトム価格の個体を除くと、他は200万円以上」という水準になっていました。

さて、そんなスヌーピー3578.51ですが、今回もまた「派手な値動き」となっている様子があります。

3578.51のボトム価格は、現在なんと約241万円という水準に達しているのですが、これは3月時点のボトム価格に対して、約83万円の上昇という値動きであります。

また、3月時点では、「ボトム価格の個体以外は200万円以上」となっていたわけですが、仮に200万円を3月水準としたとしても、40万円以上の上昇という動きであるのです。

图片描述