記事一覧

1ヶ月で約84万円もの下落、デイトナ116500LN白文字盤

デイトナといえば、ここのところ16520、116520、116500LNというように、世代を問わず上昇傾向という感覚があります。

图片描述

現在でも16520と116520は上昇している様子があり、それぞれ「1ヶ月で数十万円単位」という値上がり傾向が見られる様子となっています。

しかしながら、116500LNについては、現在そういった“動き”がストップしたような様子があります。

例えば、黒文字盤は4月18日時点で328万円というボトム価格でしたが、現在では約322万円。やはり値上がりがストップしたという感覚だといえます。

そして、この白文字盤については、4月よりもボトム価格が随分安くなったという様子が見られるのです。

4月7日時点において、116500LN白文字盤のボトム価格は449万円という水準にまで達していたわけですが、現在では約364万円となっているのです。

ですから、この白文字盤はこの1ヶ月で約84万円もの下落をしたということになります。

16520や116520については、現在でも上昇傾向といった様子が見られる一方で、なぜ116500LN白文字盤の様子は下落となっているのでしょう。

その答えははっきり分かりませんが、可能性として考えられることはいくつかあるでしょう。

まず、1つが「ボトム価格が不安定な状況」という可能性です。

現在、ノーチラス5711/1A-010などでも同様の傾向があるわけですが、116500LN白文字盤のこの動きもそれと同様なのかもしれません。

ただ、ノーチラスのように「不安定」と表現できる場合、ボトム価格が1200万円台になったり1500万円台になったりするといったようになるわけですが、この116500LN白文字盤については、「高くなっていない」といえます。

むしろ、筆者が記事準備中にも「さらに安い個体」が出るということがあったため、白文字盤のボトム価格は下落しているという感覚になります。

実際、記事準備中における白文字盤のボトム価格は380万円台だったわけですが、現在では360万円台。ノーチラスのように「不安定」なのであれば、「380万円台と思ったら、再び400万円以上になった」とならなければなりません。

ですから、116500LN白文字盤の現在の様子は「不安定」というよりは「値下がり」だといえます。