記事一覧

パテックフィリップ ノーチラス 5711/1A-010が生産終了!今後の相場や最新モデルの動向調査

1976年、パテックフィリップ初のステンレススティール製スポーツラインとして登場したノーチラス。

きわめて薄いケースに一体化したブレスレットは美しい仕上げが施され、貴金属とも遜色のない美しさを有します。こういった魅力から、ノーチラスは世界最高峰のラグジュアリー・スポーツウォッチの呼び声をほしいままにしてきました。

そんなノーチラスはいくつかの系譜を辿ってきましたが、2006年にRef.5711が登場します。2010年にはフルモデルチェンジが加えられ、現行Ref.5711は完成されていくこととなりました。

パテック・フィリップ ノーチラス 5800/1A 新品腕時計メンズ送料無料

品名 ノーチラス
Nautilus
型番 5800/1A
素材 ケース ステンレススチール
ベルト ステンレススチール
ダイアルカラー ブルーグレー
ムーブメント 自動巻き
Cal.330SC AIG.1
防水性能 120m防水
サイズ ケース:33.2/38.4 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 日付表示 3針
付属品 パテック・フィリップ純正箱付・国際保証書付
名機「3800」の後継機 シースルーバック

【関連記事】:https://earth-factory.net/diarypro/diary.cgi

サントノーレの「CITY OF LIGHTS」コレクションから日本限定モデルが登場

フランスのウォッチブランド、サントノーレの「CITY OF LIGHTS」コレクションから、2本の国内限定モデルが発売された。レッドとネイビーを基調とし、控えめにセッティングされたダイヤモンドがきらめく、各50本の稀少なリミテッドエディションだ。

控え目なダイヤがアクセントになる、ふたつの日本限定モデル

フランス・パリで誕生したウォッチブランド「サントノーレ」から、「CITY OF LIGHTS」コレクションの日本限定モデルを発表した。限定本数はそれぞれ50本と稀少性が高いリミテッドエディションである。

サントノーレの創設者ヴィクトラン・フレザード氏が、インスピレーションの源として多大な影響を受けたパリの建築やファッションをもとに作られた。「City of Lights」というコレクション名はパリの別名であり、パリの美しい風景をイメージしたデザインが特徴のシリーズだ。

ケースの12時位置と6時位置にダイヤモンドがセッティングされ、これが控えめなアクセントを与えている。このコレクション名にふさわしい輝きはパリの夜景を想起させ、エレガントでロマンティックな印象を持たせるだろう。

通常のモデルは、4つのインデックスを配したダイアルで、付属するストラップと同じダイアルカラーである。それに対し今回の日本限定モデルでは、12カ所にインデックスを配置し、ストラップは日本人の肌に馴染みやすいレッドを用いたモデル「Red」と、日本の伝統色を洗練された紺に仕上げた「Navy」のふたつが用意されている。

【関連記事】:http://bynkta.top/

人気が続く新旧エクスプローラー II の実機を拝見!|【ロレックス】通信 No.119

先週のロレックス通信No.118でお届けした、過去1年間の値上がり幅が最も大きかったモデルランキング(関連記事参照)において堂々の3位にランクインしたエクスプローラー II 。ロレックス スーパーコピー今回は今年発表された新型と旧型両方の実機を比べて見ることができたため、この II について書こうと思う。

 このエクスプローラー II だが、今年が誕生からちょうど50年というアニバーサリーイヤーとなった。そのタイミングでのモデルチエンジだったため、3200系の新型ムーヴメントへの移行に伴うものとはいえ、デザイン的な変更があるのか、それとも記念モデルが出るのかなど、去る4月に行われた新作の発表以前にはSNS上において、ファンの間で大いに盛り上がった。

 しかしながら蓋を開けてみれば、ご覧のとおりである(下の写真)。その期待はものの見事に裏切られ、右が新型で左が旧型なのだがデザインなど外装面に目立った変更は見当たらなかった。そのため発表直前は期待値から旧型の実勢価格が170万円まで一気に40万円近くも高騰したものの、発表直後は一転40万円以上も急激に下落するという状況だった。

今回実機をあらためて見比べてみたのだが、確かに見た目は変わっていないものの、それなりにブラッシュアップされていることは感じられた。そのひとつがケースである。2020年にマイナーチェンジされたサブマリーナーもそうだったが、ラグ部分が細く絞られている。それに伴い心なしかフォルムがすっきりとなった印象だ。ほかにも文字盤の仕上げや、24時間針にも若干の変更が加えられた(詳細は「写真でチェック」を参照)。

 さて、6月頃からだったと思うが日本での流通が始まった新型は7月末に180万円という歴史的高値を記録した。現在は多少下がったもののいまだに白文字盤については160万円台半ばで推移し高止まりの状況が続いている。

 本来であればエクスプローラー I と同様にもっと下がってもおかしくないのだが、前回も触れたように、デイトナに始まった世界的な白文字盤人気が、エクスプローラー II の白文字盤にも波及している。黒文字盤も含めていまだ高止まりしているのはそのためのようなのである。現在の実勢価格は黒文字盤が150万円台前半から半ば、白文字盤は160万円台半ばから後半と、白は黒よりも15万円ほど割高だ。

【関連記事】:http://eiichi.top/

ディズニー映画「ファンタジア」の世界を描き出すフランク ミュラーの特別なウォッチが誕生

この度、スイス高級機械式腕時計ブランド フランク ミュラーはディズニーストアとの共同企画にて、「ディズニーフラッグシップ東京」グランドオープンにふさわしい特別なウォッチを製作いたしました。ブルーとホワイトの各20本製作されたこの特別な腕時計は、11月1日13時00分より特設サイトにて抽選予約販売を行います。

フランクミュラー スーパーコピー ヴァンガード マスターバンカー 世界限定50本 V45MBSCDTACBL

サイズ | カラー | 素材

型番 V45MBSCDTACBL

機械 自動巻き

材質名 ステンレス

ブレスストラップ ストラップ

タイプ メンズ

カラー グレー/ブルー

文字盤特徴 アラビア

ケースサイズ 53.7×44.0mm

機能 3タイム表示

デイト表示

付属品 内箱

外箱

ギャランティー

クラシカルなトノウケースを得意としながらも、常に新しいアプローチによりデザインを進化させてきたフランク・ミュラー。

「ヴァンガード」では、ラグをなくし、ストラップをケース内部に差し入れることで、一体感を作り出しました。

こちらはフランクミュラーを代表する機構の3カ国の時間帯を同一文字盤上に表示するマスターバンカー機構を搭載した【ヴァンガード マスターバンカー】です。

世界限定50本のスペシャルモデルとなり、裏蓋には限定シリアルとアセットマネジメント会社NOTZ STUCKI社のロゴのエングレービングが施されています。

フランク ミュラーの代名詞とも称され、三次元曲線を描くケースフォルムが存在感を放つ「トノウ カーベックス」に、時計づくりの精緻な表現と独創的な遊び心で映画『ファンタジア』の世界を描き出す、唯一無二のタイムピースが完成しました。映画『ファンタジア』は、クラシック・ミュージックの華麗な旋律とめくるめく色彩、そしてダイナミックで時として繊細、優美なモーションの融合で、公開以来つねに人々を魅了し続けています。ウォルト・ディズニーが世に贈った数々の長編アニメーション映画の中でも、特に傑作として名高い『ファンタジア』にインスピレーションを受け、フランク ミュラーは腕時計の上において夢とファンタジーの世界を創り上げました。

【関連記事】:http://rinamaruco.top/