記事一覧

それはある意味、ロレックスにおける時計づくりの最も純粋な表現だ。

ロレックス シードゥエラー Ref.1665 赤シード(シングルレッド) 特許出願中、バルブ付き

GMTやデイトナ、そしてサブマリーナーでさえなく、彼がシードゥエラーにここまで引かれる理由は何かと尋ねて、返ってきた答えはシンプルかつ納得できるものだった。 彼は何に対してであれ、極端なバージョンに魅力を感じると言うが(何年もの間、彼はクラシックカーレーサーでだった)、彼にとっては競技用、すなわち高性能グレードのツールであるシードゥエラーこそが、まさしくそれなのだ。デイトナは、脇で傍観する人々がつけるものだったと言い、GMTは(例外もあるが)ジェット機で飛び回る人々や勤務中のパイロットがつけるものだった。しかしシードゥエラーは、非常に明確な目的を持つ人々だけが身につけた。それはある意味、ロレックスにおける時計づくりの最も純粋な表現だ。妥協がまったくないからである。

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116518LN ロレックススーパーコピー

型番 116518LN
機械 自動巻き
材質名 イエローゴールド・セラミック
ブレス・ストラップ ストラップ
タイプ メンズ
カラー ブラック/シャンパン
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 40.0mm
機能 クロノグラフ
2017年のバーゼルワールドで発表されたオイスターフレックスブレスレット仕様の「コスモグラフデイトナ」。
オイスターフレックスブレスレットとはロレックスが開発し特許を取得したストラップで、中心部の超弾性フレキシブルメタルブレードを高性能エラストマーでコーティングしたもので堅牢性と柔軟性に優れています。
ムーブメントにはコラムホイール&垂直クラッチ式のキャリバー4130を搭載。
こちらも2015年に再定義された高精度クロノメーターで、ケーシング後の精度は-2~+2秒で調整されます。
オイスターフレックスブレスレットとモノブロックセラクロムタキメーターベゼルを合せることで、よりスポーティな印象となりました。


【関連記事】:http://minoru.top/

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」に スモークブルーが新たに登場

オーデマ ピゲは「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲコレクション」に新たにクロノグラフとオートマティックモデルを追加した。どちらのモデルも18K ホワイトゴールドケースに、サンバースト模様のスモークブルーラッカーダイヤルを組み合わせている。この深みのあるダイヤルカラーは、2020 年に18K ピンクゴールドケースと共に登場している。

オーデマ ピゲ 偽物CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック 15210OR.OO.A028CR.01

品番:15210OR.OO.A028CR.01

詳細

・ケース:

 18Kピンクゴールドケース

 両面反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック

・ケース幅:41 mm

・ケースの厚さ:10.7 mm

・防水性:30 m

・文字盤:

 サンバースト模様のスモークラッカーダイヤル

 18Kピンクゴールドのアプライドアワーマーカーと針

 ブラックラッカーのインナーベゼル

・ブレスレット:

 ハンドステッチ

 「大きな竹班」入りパープルアリゲーターストラップ

 18Kピンクゴールドピンバックル

キャリバー

・自動巻き キャリバー4302

・バランスホイールの振動数:4 Hz ( 28,800 振動/時)

 二つの新しいモデルは18K ホワイトゴールドのケースを使っている。そして八角形のミドルケースを、極薄ベゼルと丸型のケースバックではさむという複雑なアーキテクチャーだ。スタイリッシュなラグの上部は極薄ベゼルに溶接され、ラグの下部はケースバックにそっと寄り添っている。このコンテンポラリーな構造をさらに引き立てるのがサテンブラッシュ、ポリッシュ面取りなどの仕上げ。これはマニュファクチュールキャリバーの最高級仕上げと同一のものである。


【関連記事】:http://miniature.top/

IWC の新作 Big Pilot’s Watch 43 が表参道 / 原宿の街をポスタージャック

次世代の若手クリエイター/アーティストをモデルに起用した〈IWC〉と『HYPEBEAST』のコラボビジュアルが完成(UPDATE:9月6日(月)からペインターの佐野凜由輔氏によるアートビジュアルへと変貌)

UPDATE(2021/9/6):スイスの高級時計ブランド〈IWC(アイ・ダブリュー・シー)〉の新作 Big Pilot’s Watch 43(ビッグ・パイロット・ウォッチ 43)のリリースを記念し、次世代の若手クリエイター/アーティストたちが同モデルを着用したビジュアルを『HYPEBEAST』が制作。このビジュアルの大規模なポスタージャックが8月30日(月)から9月12日(日)にかけて表参道・原宿の街一帯で実施中だ。

1週目では、クラシックなモノクロ写真が展示されたが、2週目の9月6日(月)からは、ペインターの佐野凜由輔氏によるアートビジュアルへと変貌を遂げた。これまで〈IWC〉の時計を身につけていた人たちの経験や感動、人生を想像しながら抽象的に表現したものや、80年前に完成したBig Pilot’s Watchの誕生ヒストリーをもとに描いたパイロットフェイス、これから強くなっていく若者の葛藤や思いを表現したトラフェイスなど、ヴィジュアル、メッセージともに見応え充分な内容に仕上がっており、1週目と2週目で変化するビジュアルは、まさに今回の撮影テーマである“DRIVE CHANGE”をダイレクトに表現している。

ORIGINAL(2021/9/1):〈IWC〉は1868年にスイス・シャウハウゼンで生まれた老舗ウォッチブランドでありながら、未だ変化を恐れないアティチュードを保ち続け、名作により磨きをかけた“新たな名作”を製作し続けている。2021年で特に注目したいのは、ブランドのアイコンであるBig Pilot’s Watchの新作モデル Big Pilot’s Watch 43。本モデルはストラップを素早く交換できるEasx-CHANGEシステムの搭載により、あらゆるシーンで着用することが可能となった。Big Pilot’s Watchは、オリジナルモデルのリリースから80年以上経った今もなおブランドアイコンとして、ビジネスパーソンからファッションスタイリストまでも魅了し、“デザインは機能に従う”というフィロソフィーのもと、時代に合ったアプローチで常に進化を続けている。機能最優先の美学から生み出されるシンプルなデザインは、ストリート、モード、アクティブシーンに至るまで多種多様なファッションと相性が良く、現在では若い世代からの支持も獲得することに。

そんな、時代を越えて脈々と受け継がれていくBig Pilot’s Watchと、東京を拠点に活動する若手クリエイター/アーティストがコラボーレーションし、“DRIVE CHANGE”というテーマのもとに撮影を敢行。モデルに起用したのは、今年から本格的に俳優としてデビューを果たし、各メディアから熱烈なオファーが絶えない窪塚愛流や、バンクーバー出身で東京を拠点に活動する三兄弟バンド Gliiicoのベーシスト Kio。さらに、スケート界隈で抜群の人気/実力を誇り、東京オリンピックの閉会式にも出演したスケーターの吉岡賢人。そして、渋谷にある人気古着店『I&I(アイアンドアイ)』のスタッフであり、DJ/モデル/スケーターなどマルチな活動を行う田波輝の4名。

「この時代を否定的に捉えるのではなく、変化(CHANGE)できるきっかけとし、自分の心に耳を澄ませ、オリジナルな生き方で“DRIVE CHANGE”し続けよう」。完成したビジュアルにはそのようなメッセージも込められているので、気になる方はぜひ足を運んでみてほしい。制作風景を捉えたムービーは、以下のリンクからチェックを。


【関連記事】:http://higuchi.top/