記事一覧

スヌーピーは240万円台に達している、スピードマスター3578.51

2018年頃から、限定モデルの値動きが目立っているオメガ。

通常、限定モデルは「あまり評価されない」という傾向がありますが、オメガの限定モデルは特に2018年以降、評価されている傾向があるのです。

その中でも、特に目立っているのが、この3578.51。これは、文字盤のインダイヤルにスヌーピーが描かれた限定モデルなのですが、2018年12月に100万円以上という水準に達しています。

ただ、その後はあまり目立った動きとなっておらず、2019年上半期には、他の人気モデルのように「派手に動く」ということがなかったといえます。

とはいえ、その後の2019年夏⇒2020年夏の断続的な下落トレンド時において、派手に下落するといったこともありませんでした。

そうしたことから、このスヌーピー3578.51は、2018年冬頃から2020年秋頃まで、100万円程度といった水準が続いていたとなるでしょう。

そんなスヌーピー3578.51ですが、2020年11月には久々に派手に動くという様子に変化。この際、約139万円という水準に達したのですが、これは「半年で約33万円の上昇」という値動きでした。

この頃から、スヌーピー3578.51の値動きが再び活発化したといえ、その後も3578.51は目立った上昇となっています。

今年2021年3月には、約157万円というボトム価格になったのですが、この際「ボトム価格の個体を除くと、他は200万円以上」という水準になっていました。

さて、そんなスヌーピー3578.51ですが、今回もまた「派手な値動き」となっている様子があります。

3578.51のボトム価格は、現在なんと約241万円という水準に達しているのですが、これは3月時点のボトム価格に対して、約83万円の上昇という値動きであります。

また、3月時点では、「ボトム価格の個体以外は200万円以上」となっていたわけですが、仮に200万円を3月水準としたとしても、40万円以上の上昇という動きであるのです。

图片描述

【ダイバーズやパイロットウォッチ】 いま注目の男前なモデルはコレ!

ダイバーズやパイロットウォッチなど無骨なデザインの時計に惹かれる男性は多いことでしょうが、たくさんの選択肢の中でも一線を画すのが、リアルな歴史をもつモデル。“本物”のオーラが、スタイル全体もぐっと男前に仕上げてくれるのです。

本物の機能美が男らしさを引き立てます

腕時計は装身具であるのと同時に機器でもあります。昔から時計師たちは過酷な状況でも正確な時を刻むように腐心し、やがてダイバーズやパイロットウォッチといった特殊なモデルを生んだわけですね。

実際に、それらの多くは前人未到の冒険や困難なミッションに挑む男たちの行動を支えました。

ミッションウォッチやスポーツウォッチに惹かれるのは、男らしいデザインはもちろんのこと、そうしたエピソードやストーリーをもつからでしょう。なかでも、実際に現場で活用された歴史をもつモデルは、“本物”のオーラを備えています。

そうした時計はベーシックなスタイルに合わせるだけで男前度もググッと高めてくれますし、さらには、その歴史やストーリーを共有することにもなるのです。

IWC パイロットウォッチ スーパーコピートップガン IW388007

图片描述

品名 パイロットウォッチ

型番 IW388007

機械 自動巻き

材質名 セラミック・チタン

タイプ メンズ

文字盤色 ブラック

文字盤特徴 アラビア

ケースサイズ 46.0mm

機能
フライバッククロノグラフ

付属品 内箱、外箱

保証 当店オリジナル保証3年間付

ボーナスを投入して買いました!という声が多いのがIWCです。クラシックで品のあるデザインのポルトギーゼクロノグラフも人気ですが、スポーティーな印象のパイロットウォッチもよく見かけます。

メタルブレスレットとNATOストラップを使い分けてオンとオフ両方で楽しんでいる方もいます。なお、ジャケパンスタイルであれば、NATOストラップでもカッコイイので皆さん是非お試しください。


【関連記事】:2021フランク ミュラー“ハート”の腕時計