記事一覧

“着る哲学”と称するブランド「6-D セバスチャン マスダ」のポップアップが伊勢丹新宿本店で開催

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpgアップロードファイル 9-5.jpg

アーティストの増田セバスチャンによる新ブランド「6-D セバスチャン マスダ(6-D SEBASTIAN MASUDA)」は4月3日まで、伊勢丹新宿本店でポップアップを開催している。同ブランドは、ファッションを通じて自身のメッセージを伝えるコレクションとしてスタートした。ターゲットは、20代後半から40代後半くらいまでの、遊び心を忘れていない大人。今回展示するファーストコレクションのテーマは“ノイズ イット カラフル(Noise it colorful)”で、現代の大量生産、大量消費、工業製品から個性とは何かを問うアイテムを用意した。

 アイテムは、ビジュー付きテーラード(12万8000円)やツイードジャケット(16万8000円)、ワンピース(9万8000円)などフォーマルな場で着用できる商品と、増田セバスチャンのアートワークをプリントしたカットソー(2万8000円)やタイツ(6800円)、PVC素材のボウタイ(1万2000円)など普段使いできる商品。

 増田セバスチャンは、「元々アンチテーゼとして存在していた原宿のストリートの”Kawaii”が日本を代表するカルチャーに変化したこのタイミングで、ハイファッションのど真ん中に挑戦したいと思った。ゆくゆくは海外のコレクションにデビューして、グローバルなブランドに成長させたい」と話す。

 同期間、伊勢丹新宿本店は日本の伝統・文化・美意識が作り出す価値を再認識し新しい価値を提供する「ジャパン センスィズ(JAPAN SENSES)」を展開している。増田セバスチャンは「ファッションはデザイン側と流通側が組んで初めて成立する。伊勢丹新宿本店は人がたくさん集まり、お客様に驚きを与えられる場だ。“ジャパン センスィズ”という企画のタイミングで誘っていただいたのは、うれしいこと」と語る。

 増田セバスチャンが“着る哲学”と称する「6-D セバスチャン マスダ」は、洋服を“身体としてのアート”と捉えて、「被服におけるメッセージとは何か?」を追求する。増田セバスチャンによる原宿の”Kawaii”を発信してきたブランド「6パーセントドキドキ(6%DOKIDOKI)」のTシャツの中心価格帯である約7000円に比べ、Tシャツの価格は1万8000円。クオリティーにこだわったブランドだ。

「アグ」が「マスターマインド・ワールド」と初コラボ 本間正章デザイナーが長年の思いを語る

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpg

カリフォルニア発の「アグ(UGG)」はブランド設立40周年を記念して2018-19年秋冬、国内外のさまざまなファッションブランドとコラボレーションしたクラシックブーツを発表した。続く19年春夏シーズンは第一弾として、本間正章がデザイナーを務める「マスターマインド・ワールド(MASTERMIND WORLD)」とメンズ限定のコラボブーツを12月12日に発売する。両社の協業は今回が初めて。本間デザイナーいわく「かなり前から考えていた」というコラボブーツは、シンプルながら「マスターマインド・ワールド」らしさが全面に表れ、「アグ」のコラボシリーズの中でも一味違った存在感を放っている。長年におよぶ「アグ」への思いからデザインプロセスについてまで、本間デザイナーに話を聞いた。

「アグ」とのコラボレーションに至った経緯は?

本間正章デザイナー(以下、本間):「アグ」から話をもらいました。僕の中では「いつかコラボレーションしたいブランドは?」と聞かれた時に必ず名前を挙げるブランドの1つで、常に「どういうことをやろう」と頭の片隅で考えていました。なかなかタイミングが合わず、今回ようやく実現に至りました。

なぜコラボしたいと?

「アグ」というブランドがきちんと確立されており、歴史を持っているからです。ブランドが長く継続できている理由は、魅力があるからこそなので。

もともとファンだった?

コラボするときは、まず僕自身がファンかどうかで判断します。そしてリリースしたとき、双方のファンからいい意味でも悪い意味でも“反応”があるかどうかを想像し、相手から熱意が感じられるかも大事にしています。任せられるばかりでやり取りが一方的な“片思いのコラボ”も多い中、「アグ」からは熱意を感じることができました。

今回のコラボブーツのテーマは?

テーマというよりも、「アグ」を代表するブーツをどう「マスターマインド」らしくアップデートし、どちらのファンにも“刺さる”デザインにするかを考えました。「マスターマインド」のファンだけが気に入るのではなく、「アグ」のファンに「スカルマークもアリだね」と違和感さえ認めてもらえるように心掛けました。

1997年に「マスターマインド・ジャパン」をスタート。2003年から11年までパリでコレクションを発表。その後、ブランド設立15年目を機に活動を一時休止し、17年から「マスターマインド・ジャパン」と「マスターマインド・ワールド」の2ライン化し、活動を再開。なぜベースのブーツに“CLASSIC MINI”を選んだ?

一番代表的な形で結果を出すことがデザイナーに与えられた仕事だからです。それに今回を機に1年に1回なのか、数年に1回なのかは分かりませんが、協業を継続できればと思っていますが、いろいろな事情で今回限りになる可能性もあります。次がある保証はないからこそ、まずは代表的なモデルできっちりとコラボしたかったんです。

ポイントは?

「アグ」のオリジナルにはないシャフトの高さをリクエストして作ってもらいました。ハイカットすぎるとパンツを選びますし、短すぎると少しかわいくなってしまう。僕が履いたときをイメージして提案しました。前後にあしらった刺しゅうの箇所は、素足で履くのが一番気持ちいいからこそ肌に触れないよう2層構造にしています。また、サイドにファスナーを付けて着脱のしやすさを求めました。ファスナーだけは、「アグ」にNGを言われても付けたかったポイントです。ソールも通常モデルより滑りにくいグリップ力の高いものにしています。

コラボして実感した「アグ」の魅力とは?

スカルマークのせいで、サンプルが出来上がったコラボでさえ白紙になることもある中、デザインに縛られることもなく、話し合いもしっかりと重ね、全力で取り込むことができました。世界中から愛されるブランドと一緒に仕事ができたのは、デザイナーとして光栄です。

病みつきになるフィット感! G-Star RAWのストレッチデニムにみ〜んな夢中

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpg

デニムに求める条件っていろいろあるけれど、一番重要なのは着回し力と体型にぴったりフィットすることじゃない? 今、NYLONブロガー達の間で愛用者急増中のG-Star RAWのデニムは、抜群のストレッチ力とベーシックなデザインでまさに理想的デニムと話題に。そんな彼女達のフェバリットデニムのスタイリングを早速キャッチしてきたよ!

ニット×ブラックスキニーでパンクなムードをIN
普段からスキニーデニム愛用者のKIKUNOも、はいた瞬間からG-Star RAWのデニムの虜に! 「足首まできゅっとしまっていて、スタイル良く見えるのが◎。今日みたいなオーバーサイズのニットにスキニーの組み合わせがこの秋の定番ルックになりそう!」

ウォッシュ加工のニットはスリーヴの切り返しやロールアップされた袖など、こだわりの光るデザイン。

ホワイトステッチとブラックデニムのコントラストがコーディネイトのアクセントに。

デニム¥14,700、ニット¥14,700、ショルダーバッグ¥23,100(全てG-Star RAW/ジースター インターナショナル)

チェックシャツとの王道ルックはスキニーでシャープなイメージ
チェックシャツ×デニムのカジュアルコーデもスキニーを選べばシャープな雰囲気に。「骨盤が広いから、タイトなスキニーってなかなか手を出せてなかったんだけど、これは抜群のストレッチでぴったりフィット! カジュアルはもちろん、レディにも着こなせそう♡」

デニムと同系色のチェックシャツをチョイスして、まとまりのあるスタイルに。

フィット感抜群だから、美脚効果でバックスタイルも抜かりなく!

デニム¥18,900、チェックシャツ¥17,850、カーディガン¥16,800/全てG-Star RAW(ジースター インターナショナル)

デニムスタイルはビッグコートをさらりと羽織ってトムボーイ気分で
「G-Star RAWのスキニーは今季トレンドのビッグシルエットのコートと相性抜群! ニットキャップやスニーカーでボーイズライクに仕上げました」。全体がシックな色味だから、足もとはカラフルな色味を持って来て着こなしのアクセントに。

ニットキャップは今季のマストハヴ。タグのあしらいがおしゃれ感度高め!

バックポケットにさり気なくステッチされたロゴマークにも注目。

デニム¥15,750、コート¥35,700、Tシャツ¥5,250/全てG-Star RAW(ジースター インターナショナル)

スタジャン&ブラックデニムで作るクールストリート
「デニムってヒップで合わせるとなかなかタイトに決まらないのが悩みだったけど、G-Star RAWのデニムはジャストではけて感動! 秋も引き続きストリートルックが気になるので、ブラックデニムは重宝する予感です」。ブラックのレザー切り替えスタジャンと合わせてクールに決めて。

今年、大注目中のスタジャンは胸もとのロゴデザインで差をつけて。

ブラックonブラックの着こなしは色んな素材のMIXを楽しみたい。

デニム¥14,700、スタジャン¥21,000、Tシャツ¥5,250、ニット帽¥6.300/全てG-Star RAW(ジースター インターナショナル)

オフショルニットをデニム&小物使いでカジュアルダウン
レディ×カジュアルのMIXコーデがMASAMI流の着こなし。「透け感のあるオフショルニットは、デニムで合わせてカジュアル感をプラス。このデニムに、トップスはライダース&赤のベアトップみたいなレディスバイカー風コーデにもチャレジしたい!」

カラーチョークで仕上げたピンクヘアとブルーニットのコントラストが◎。

抜群のストレッチだからヒップ周りもジャストなサイジングが可能。

デニム¥16,800、トップス¥9,450、ニット帽¥3,150、マフラー¥6,300/全てG-Star RAW(ジースター インターナショナル)